肌をしっかりと守る

保湿を保つ

女性

セラミドとは、肌の保湿など守る重要な細胞間脂質です。細菌などの菌類が肌から侵入してくるのを、第一層の肌質で守ります。そして、第二層のセラミドの各層細胞がガードしています。セラミドがしっかりしていれば、もちもちしてみずみずしい肌でいられるのです。カサカサした肌やアトピーなどは、セラミドが極端に減ってしまっているのです。他に減る原因は、年齢によるものです。20代ぐらいがピークで40代では、半分に減ってしまうと言われています。60代を過ぎたころには、30パーセント以下に減少してしまうのです。そのためセラミドを補強してあげるといいでしょう。その際は化粧水が良いです。化粧水は直接肌に浸透させることが出来ます。後は、保湿力が強い物を選べば良いのです。

どのような物を使えば

セラミドの化粧水には、色々な合成の仕方による種類があります。天然型です。人ととても近い成分を持っていて水や油に良く溶けるのでとても使い勝手が良いものです。天然型(バイオ)酵母などを利用して合成したものです。植物性これは、植物由来のものですが、人の物とは少し違いがあります。合成類似は、化学的に合成して人の細胞に近い物を作り上げています。化粧水でセラミドに成分で良いとされているのは、ビオセラミド、ウマスフィンゴ脂質が含まれている天然型のものです。化粧水にも多く使われている成分です。後は、食生活などにもとても影響しますので気を付ける事が大切です。だめなものとしては、植物油などを過剰に摂る事は控えてください。また同時に寝不足などにも気をつけてください。