高い保湿効果が最大の魅力

笑顔の女性

肌の保湿効果を高める成分としてコラーゲンやヒアルロン酸がありますが、それ以上に高い効果を期待できるのがセラミドです。どれも体内に存在している成分ですが、コラーゲンやヒアルロン酸は皮膚の奥に存在し、セラミドは皮膚の表面にあるため化粧品が届きやすいため効果が高いのです。保湿効果だけでなく皮膚の表面で水分を保持するため外部の影響から肌を守る力も持っています。これらは肌の老化を防いでくれるものでもあります。肌に最も必要な成分であるためセラミド配合の化粧水には注目が集まっています。化粧水は洗顔の後しっかりと顔になじませることが大切です。適量を手の平にとって顔に数秒あててじっくりと浸透させていきましょう。

化粧水にもいろいろ出ていますが商品によって効果が異なりますので注意が必要です。最も差が出てしまうのがセラミドの配合量です。保湿や肌を守る効果のあるセラミドですが、化粧水自体に含まれている量が少なければいくらじっくり浸透させても高い効果を得ることはできません。簡単に言うと化粧水でも安価なものはセラミドの配合量が少ない可能性があるため要注意です。逆にセラミドが配合されている高い化粧水を使っていても一度に使用する量を減らしてしまうとそれもまた効果が出にくくなります。配合量とコストを確認しながら選ぶようにしましょう。またセラミドには基本的に4種類ありますが、皮膚の角質層にあるセラミドと同じ構造を持つヒト型セラミドを利用しているものは高い効果が期待できます。